歯の学校HOME > 校長からのごあいさつ

校長からのごあいさつ

歯の学校 校長の横田秀一です。 東京の足立区にある横田歯科医院の院長です。

口の健康を通して、全身の健康も考えていきたいと思っています。ご自分の口の健康を守るという事がカラダ全体ひいてはご自身を大切にすることにつながってゆくと考えています。

横田歯科医院では、精度の高い処置をすることはもちろん、病気の原因を除去することにこだわり、予防に力を入れています。どんなに精度の高い治療でも、繰り返すことで歯や歯茎にダメージを与えてしまいます。病気にならないようにすることがどんな治療より優れているのです。

患者さんの間でも、病気になってから治療をしてもらうのではなく、病気にならないように予防する、自分の健康は自分で守ると考える方が増えています。

しかし、本当に効果のある予防方法を身につけることは想像以上に難しく、一度やり方を教わった位では実行できない方がほとんどです。

そこで、本当に効果のある予防方法をしっかりと身につけていただくために、歯の学校を開校しました。ひとりひとりに合わせたきめ細かなプログラムを用意しています。自由診療で行っています。

歯の学校ではご本人の理解とそれによる実践が重要になります。大切なことは、コースを体験してみて自分の中で何かが少しずつ変わったと実感していただくことだと思っています。 プログラムが進んでゆくと口の中の感じが変わってきた事を実感されることでしょう。

「口の中の世界」に意識が向き、ご自分の生活を振り返る「何か」をつかむきっかけになれば、コースに参加することの意義は大きいと思うのです。