歯の学校HOME > 予防とは > 予防って実は難しい

予防とは(2)

予防って実は難しい

毎日歯磨きをしていたのに虫歯や歯周病になってしまったことはありませんか?それは仕方がないことだと思っていませんか?

本当に効果のある予防をすれば、虫歯や歯周病にはなりません。

ちゃんと歯磨きしてたのに
虫歯になっちゃった。なぜ?

では、あなたの予防とは何が違ったのでしょうか。一度見直してみましょう。予防というと簡単なことのように思われがちですが、実はなかなか難しいのです。予防するための正しい知識と、確実に歯垢を落とせるテクニックが必要です。その両方がないと効果がありません。そして毎日の習慣として続けることも大切です。

本当に効果のある予防に必要なのは、
正しい知識とテクニックです。
知識とテクニックのどちらが欠けても効果がでません。

歯の学校には、予防についての知識をきちんと理解したうえで、正しく実践するテクニックを習慣として身につけるためのカリキュラムが揃っています。ひとりひとりのお口の状態や目的に合わせて、無理なく身につけることができるようにサポートしています。

歯の学校では、正しい知識とテクニックを習慣として身につけることができます。
【知識】
・意外と知られていない虫歯の真実
・歯周病とは、歯周病を防ぐには・・
・歯垢って何?
・危険!生活習慣の落とし穴など
【テクニック】
ひとりひとりのお口の状態や目的に合わせたテクニック

やる気があるのに結果がでないのは、とても残念なことです。歯の磨き方なのか、間違った知識なのか、生活習慣なのか、原因がどこにあるのかご自分はなかなかわからないかもしれません。一度チェックを受けてみることをお勧めします。

歯磨きのやり方なら知っている、習ったことがあるという方でも、虫歯や歯周病になってしまったのなら何かを変える必要があるという、歯からのメッセージかもしれません。

わたしの場合は
どこがいけなかったのかな?
歯の磨き方なら習ったことあるけど・・・
歯の磨き方ひとつでも、
ひとりひとり違うんですよ。
あなたに合ったやり方をしないとね。