歯の学校HOME > 予防とは > 予防の仕方はひとりひとり違います

予防とは(3)

予防の仕方はひとりひとり違います

お口の中はひとりひとり違います。歯並びや歯の大きさ、虫歯・歯周病の治療経験、生活習慣などの違いなど、全く同じ状態の人はひとりとしていません。

同じように予防していても、虫歯になる人とならない人がいるというのはこのためです。

みんな同じ方法ではなく、自分自身に合ったケアを身につけることが必要なのです。

歯の学校ではお口の中の状態を詳しく調べ、あなたのためのカリキュラムを組んでいます。

虫歯や歯周病にかかっている方は治療しながら予防を進められますし、必要に応じて詰め物・かぶせ物などを直し、ケアしやすい口腔環境に整えることもあります。お口の中の状態や、ブラッシングの上達スピードにあわせてカリキュラムの回数が変わります。

あなたに合ったケアを身につければ、虫歯や歯周病になることなく、ご自分の歯で一生快適に過ごせますよ。

お口の中はひとりひとり違います。
だから、ひとりひとりに合わせたカリキュラムが必要なのです。
へえ〜。
歯の学校ってぼくも
入れるのかな?